ホーム  >  借金整理  >  任意整理とは具体的に債権者に対してどんな交渉をするのですか?

任意整理とは文字どおり債務者が任意によって債務の整理をすることです。

具体的には、利息制限法の上限金利を超えている場合は借入れ当初から利息の計算をし直します。

利息が過払いになっている場合は元金に充当し、元金の減額の交渉をします。

さらに、任意整理が成立したあとの利息(将来利息)はゼロになる交渉をします。

債権者にとっては自己破産をされるより少しでも回収できるわけですので、弁護士の条件を呑むことが多いです。

印刷用画面

前のページ
任意整理を弁護士に依頼せずに自分ですることは可能ですか?
カテゴリートップ
借金整理
次のページ
任意整理をするメリットを教えてください
メニュー
サイト内検索
Ranking