ホーム  >  借金整理  >  特定調停とは裁判所を通して債権者と債務者が話し合うこと

キャッシングなどの多重債務者が借金を整理するための手段として特定調停があります。

これは、裁判所に特定調停の申立てをすることによって、裁判所が選任した調停委員が間に入って今後の支払いの話をすることです。

任意整理と同様に、借金整理の最初の手段として活用できます。

印刷用画面

前のページ
借金の返済に困ったらまずは特定調停を考えます
カテゴリートップ
借金整理
次のページ
借金の返済に困っていたら特定調停が利用できるのですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking