ホーム  >  借金整理  >  特定調停を申立てるにはどれくらいの借金まで可能ですか?

特定調停は基本的に利息制限法で利息を再計算したあとの元金を、3年で返済する計画を立てます。返済期間は長くて5年です。

つまり、毎月の返済額が収入から捻出できなくてはなりません。収入が多いほど毎月の返済額が多く取れると思いますが、毎月の収支計算によって判断されます。

元金があまりに多い場合は、毎月の収支がオーバーするので特定調停が成立しないことになります。

印刷用画面

前のページ
特定調停のデメリットを教えてください その2
カテゴリートップ
借金整理
次のページ
特定調停は債権者と債務者の話し合いですが、債権者が反対することはあるのですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking