ホーム  >  借金整理  >  特定調停は債権者と債務者の話し合いですが、債権者が反対することはあるのですか?

特定調停は調停委員を仲介人にした債権者と債務者による返済方法の話し合いです。

消費者金融やクレジットカード会社の場合は反対することはあまりありませんが、担保や保証人がある場合は反対してきます。

担保や保証人から回収できるからです。

印刷用画面

前のページ
特定調停を申立てるにはどれくらいの借金まで可能ですか?
カテゴリートップ
借金整理
次のページ
特定調停が成立しましたが、返済が遅れそうです
メニュー
サイト内検索
Ranking