ホーム  >  借金整理  >  特定調停が成立しましたが、返済が遅れそうです

特定調停が成立すると債務名義が取得されます。つまり、返済が延滞すると、債権者は強制執行ができるのです。

そうなると差押えなどの強制執行によって回収しようとしてきますので、延滞は避けなければなりません。

どうしても返済が遅れる場合は債権者に連絡をとって支払いできる日まで待ってもらうことも不可能ではありません。

ただし、延滞が許されるのは1回のみで、2回目の延滞があれば強制執行されてしまいます。

印刷用画面

前のページ
特定調停は債権者と債務者の話し合いですが、債権者が反対することはあるのですか?
カテゴリートップ
借金整理
次のページ
民事再生とはどんな制度ですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking