ホーム  >  事故・ブラックリスト  >  ブラックリストとは何が書いてあるリストですか?

ブラックリストは通称ですので、本当は存在しません。
金融業界でのブラックリストとは、顧客の自己情報を指します。

事故情報とは、延滞、代位弁済、債務整理、自己破産などの悪い情報です。
これらの事故情報は、銀行やカード会社が利用する個人信用情報センターに記録されています。

つまり、ブラックリスト=延滞者ということです。

なお、事故情報は5年間は保存されますので、その間はほとんどのクレジットカードやローンの審査は落とされてしまいます。

印刷用画面

カテゴリートップ
事故・ブラックリスト
次のページ
ミナミの帝王の萬田金融では、延滞した債務者をマグロ漁船に乗せようとしますが、現実でもそんなことがあるのですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking