ホーム  >  金融詐欺  >  消費者金融での名義貸しの被害実例 その後

5万円のアルバイト料と引き換えに消費者金融でつくったカードを渡してしまいました。
その直後に利用限度額いっぱいまでキャッシングされ、約1ヵ月後に消費者金融から請求が来たのです。
ここではじめて名義貸しによる詐欺にあったことに気がついたのでした。

このような名義貸しの詐欺の被害にあった場合は、貸金業協会や都道府県の金融課に相談しましょう。
警察に被害届を出すことになりますが、返済の義務は残ってしまいます。

印刷用画面

前のページ
消費者金融での名義貸しの被害実例
カテゴリートップ
金融詐欺
次のページ
整理屋とは?
メニュー
サイト内検索
Ranking