ホーム  >  利息・金利  >  法律で決まっている上限金利はどれくらいですか?

民法上の上限金利(利息制限法)の金利は下記のとおりです。

・元本10万円未満は年20%以下
・元本10万円以上100万円未満は年18%以下
・元本100万円以上は年15%以下

なお、刑法上の上限金利(出資法)は、年29.2%以下に定められています。
出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間をグレーゾーンと呼ぶことがあります。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングの金利は、実はほとんどがグレーゾーンなのです。
グレーゾーンの見解をカンタンに表現すると、借り手(顧客)が了承すればもらってもよい金利となります。

印刷用画面

前のページ
暴利の契約は無効。利息(元金も)を払わなくても良い。
カテゴリートップ
利息・金利
次のページ
消費者金融の金利を大きく下げることに成功しました!その1
メニュー
サイト内検索
Ranking