ホーム  >  利息・金利  >  金利が同じでも利息が変わるときはどんなときですか?

金利とは、元金に対する割合です。

たとえば、金利29.2%で10万円借りたとします。
その場合の1年間に支払う利息は、29.200円です。

これは1年間で支払う利息の合計金額ですので、毎月の利息は1/12です。
実際は毎月返済していくと元金も減少していくため、利息はもっと少なくなります。

つまり、金利は元金に対する割合であるのに対し、利息は実際に支払う金額を表します。
金利が同じでも返済期間によって利息の合計は大きく違ってきます。

印刷用画面

前のページ
借金した場合の金利はどれくらいですか?
カテゴリートップ
利息・金利
次のページ
利息制限法と出資法の上限金利はどれくらいですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking