ホーム  >  利息・金利  >  消費者金融もクレジットカードのキャッシングもグレーゾーンの金利を取っていますが、これは違反ではないのですか?

消費者金融もクレジットカードのキャッシングもグレーゾーンの金利を取っていますので、正確には民法に違反しています。
しかし、書面の交付をするなどの所定の条件を満たすことによって、出資法の上限金利以内であれば取ってもいいとされています。

グレーゾーンがあること自体がおかしいのですが、利息制限法は刑法で、出資法は民法で定められていますので、元の法律が違うのです。

印刷用画面

前のページ
なぜ、出資法と利息制限法の上限金利は違うのですか?
カテゴリートップ
利息・金利
次のページ
出資法の上限金利(年利29.2%)以上を取るとどうなるのですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking