ホーム  >  利息・金利  >  出資法の上限金利(年利29.2%)以上を取るとどうなるのですか?

出資法の上限金利は年利29.2%と定められています。
これ以上の金利を取ってしまうと、民法に違反することになります。

よって、出資法の上限金利以上の金利を取ってしまうと罰せられるほか、借入者は元金も返済しなくていいことになります。
ヤミ金融は出資法の上限金利以上の暴利ですが、それと同じことになります。

印刷用画面

前のページ
消費者金融もクレジットカードのキャッシングもグレーゾーンの金利を取っていますが、これは違反ではないのですか?
カテゴリートップ
利息・金利
次のページ
身内や知人にお金を貸す場合の利息は自由に決めてもいいのですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking