ホーム  >  取立て・請求  >  サラ金で借金して返済が遅れるとヤクザまがいの怖い取立てがあるってホント?

昔のサラ金は小規模なところが多く、確かに暴力的な取立てがありました。
2000年頃に社会的な問題となった商工ローンの取立てのような感じです。

「借りたもんは返さんかい!金がなかったら内臓でも目玉でも売れ!」というような取立てが個人にもあったのは事実です。

しかし、あまりにひどい取立てがあったため、貸金業規正法という法律が制定され、一定の条件を満たした取立てをしなければならなくなりました。

また、ここでいうサラ金とは、消費者金融のことを表します。
大手、中堅の消費者金融は普通の企業と同じで、返済が遅れた場合にも社員が来るだけで、もちろん紳士的な対応です。
そのあたりの社員教育もきっちりしています。

しかし、態度は暴力的ではありませんが、延滞した債務者の負担は大きいといえます。

印刷用画面

前のページ
返済が遅れていても早朝・深夜の借金取立てはできません
カテゴリートップ
取立て・請求
次のページ
TVドラマで借金取りが家のドアをドンドンたたいて催促するシーンがありますが、本当にあるのですか?
メニュー
サイト内検索
Ranking