ホーム  >  取立て・請求  >  死亡した家族の借金は返済しなければならないのでしょうか?

死亡や行方不明になった場合を含めて、いかなる場合でも債務者以外の借金を家族といえども返済する必要はありません。
(連帯保証人、保証人や連帯債務になっている場合は、返済しなければなりません。)

しかし、死亡の場合は相続が発生しますので、借金も相続されてしまいます。
その場合は、相続人が借金の返済をする義務が生じますので返済をするか、資産がほとんどない場合は、相続を放棄するなど対策を取る必要があります。

また、銀行や消費者金融での借金の場合は、団体信用生命保険(団信)がありますので、債務者が死亡した場合は債務が免除される場合があります。

印刷用画面

前のページ
行方不明になった家族の借金の支払い催促があるのですがどうしたらいいですか?
カテゴリートップ
取立て・請求
次のページ
090金融で借金して返済が遅れた場合はどんな取立てがありますか?
メニュー
サイト内検索
Ranking