ホーム  >  ヤミ金融  >  紹介屋の手口その2・・・別の金融屋を紹介する

債務者から連絡先を聞き出した紹介屋は、しばらくしてから債務者に電話します。
「審査の結果ですが、やはり当社では融資が難しいですね。過去に返済が遅れたことがありますよね?」
「ああ、何度かあります。」

さらにこう続けます。
「当社では融資できませんが、別の金融業者で借入れできるように聞いてみますので、しばらくお待ちください。」

そして、
「A金融という会社で融資が受けられるように手配しましたのでそちらに行ってください。融資してもらえたらこちらに連絡してくださいね。」

多重債務者は返済に遅れたことがあるはずです。
紹介屋はこのようにカマをかけてあたかも審査をしているように見せかけるのです。

印刷用画面

前のページ
紹介屋の手口その3・・・法外な紹介料を要求する
カテゴリートップ
ヤミ金融
次のページ
紹介屋の手口その1・・・債務者の連絡先を把握する
メニュー
サイト内検索
Ranking