ホーム  >  取立て・請求  >  返済が遅れていても早朝・深夜の借金取立てはできません

借りたお金を返さないからといって、貸主が強引、悪質な取立てをすることは法律で禁止されています。貸金業規制法では、消費者金融、サラ金などの貸金業者に対する取立て禁止行為を具体的に例示しています。違反貸金業者に対しては、2年以下の懲役または300万円以下の罰金を課すことになっています。

サラ金への返済が遅れたら、他の金融業者を紹介されました。そして、その金融業者で借金して返済しろと言われましたが。
貸金業規制法では、貸金業者がこのような方法で借り主に返済資金を調達させることを禁じています。たとえば、クレジットカードで買い物をさせて、その品物を換金させる方法も禁止されています。

サラ金の取立が厳しくて困っています。夜遅くアパートに押しかけ、ドアをたたき、大声を出して金を返すよう言います。借りた金を約束どおり返さない方が悪いのはわかっていますが・・・
これは明らかに貸金業規制法違反の取立行為です。貸金業者は21時から翌日の8時までは取立禁止です。また、多人数で自宅まで押しかけること、手返済を強要すること、大声を出したりすることは禁止されています。

連帯保証人でもないのに、取立屋が妹の借金を払えと来ます。
連帯保証人でなければ、あなたは支払う必要も義務もありません。これは貸金業規制違反で取立禁止行為です。取立てをやめるように言っても相手が取立てをやめない場合は、財務局や都道府県の金融課に通報するか、警察に相談すると良いです。

サラ金への返済が遅れたら、アパートの階段や部屋のドアに「借金返せ!」という貼り紙を貼られ困っています。
これは貸金業規制違反で取立禁止行為です。たとえば、借金をしている事実や、借り主の私生活などをチラシや立て看板で第三者に教える行為も違反です。
この場合、プライバシー侵害や名誉毀損で損害賠償を求める民事訴訟を起こすこともできます。

サラ金の返済が滞り、取立屋が会社まで来ます。さらに、頻繁に職場に電話があり、会社に迷惑がかかっています。
金融業者が借主の勤務先まで取立てに押しかける行為は、貸金業規制法違反です。取立てをやめるように言っても相手が取立てをやめない場合は、財務局や都道府県の金融課に通報するか、警察に相談すると良いです。会社に相談して、会社から営業妨害だと被害届を出すこともできます。

印刷用画面

カテゴリートップ
取立て・請求
次のページ
サラ金で借金して返済が遅れるとヤクザまがいの怖い取立てがあるってホント?
メニュー
サイト内検索
Ranking