消費者金融用語集

ホーム  >  あ行  >  異時廃止

自己破産のときに使われる言葉です。

自己破産が決定して、破産手続きが進行中に破産費用が賄えないことが明らかになった場合は、その段階で破産が廃止されます。これを異時廃止いいます。

要するに、破産手続きの費用がない場合に、裁判所が債権者の意見を聞き、自己破産が完了することです。

逆に、自己破産で破産者の財産が少なく、破産費用(管財人←整理する人の報酬など)も払えないような場合には、裁判所は職権により、あるいは本人の申告により破産宣告と同時に破産廃止の決定を行います。これを同時廃止いいます。

最近はキャッシングがかさんで多重債務に陥り、自己破産をする人が増えています。
この場合、財産が少ない人が多いため、同時廃止になる場合が多いです。

印刷用画面

前のページ
暗証番号
カテゴリートップ
あ行
次のページ
異動情報
メニュー
サイト内検索
Ranking