消費者金融用語集

ホーム  >  あ行  >  エクステンション

直訳で延長、拡張を意味します。

キャッシング業界でエクステンションというと、返済期間を延長して、再契約することを指します。

返済期間を長く設定するということは、毎月の返済金額がそれだけ少額になることを意味します。

本来、エクステンションを用いるのは、現在の返済が困難になった時に、確実に返済できるように債務者と相談しながら毎月の返済額を減額し、返済期間を延長することです。

そうなれば、返済の内容が変わってきますので、新たに契約します。
これを、再契約といいます。

再契約になれば、信用情報機関に載ってしまいます。
信用情報機関に載ってしまえば、次のキャッシングも事実上不可能になりますので、最終的な手段といえます。

このエクステンションを最初から組み込んだ返済方法に、ゆとり返済があります。
住宅ローンなど高額の借入に使用されます。

これは、最初の数年間は毎月の返済額を少なく設定して、数年後からそれまでの倍くらいの返済金額になる設定です。

実際に使った人は、最初は返済金額が少なくていいのですが、ある時期から一気に多くなってしまい、返済が困難になる人が続出しました。
ほとんどの人が目先の返済しか考えていなかったからです。

この事実が多発してからは、ゆとり返済を用いるところは少なくなりました。

現状はお金がなくても、数年後に収入が増える見込みがあれば有用な返済方法であるといえます。

印刷用画面

前のページ
ATM
カテゴリートップ
あ行
次のページ
延滞
メニュー
サイト内検索
Ranking