消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  元利金等返済

元金と利息の合計返済額が毎月同じ金額になるように返済していく方式のことです。

住宅ローンなど高額のローン返済に主に用いられます。

毎月の返済額が同じであるため、返済計画が立てやすいことがメリットです。

元金と利息を合計した毎月の返済額は一定ですが、元金返済分と利率充当分の内訳が毎月変化する仕組みになっています。

返済当初は利息の割合が高く、元金返済に回る金額が少ないです。
利息ばかり返済して、元金がほとんど減らない状態です。

返済終盤は、元金の割合が高くなります。

毎月の返済額が一定で、ほとんどの住宅ローンに用いられている返済方式ですが、元金均等返済方式より利息の支払い合計金額は多くなります。


キャッシングのような小額のローンではほとんど使用されません。

印刷用画面

前のページ
完済報告書
カテゴリートップ
か行
次のページ
監督官庁
メニュー
サイト内検索
Ranking