消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  金銭消費貸借契約

消費貸借契約とは規定によると、
当事者の一方が種類、品質および数量の同じ物をもって返還することを約束して、相手方より金銭その他の物を受け取ることによってその効力を生ずるとされています。

借りたもの自体は消費してしまいます。

返す場合は、同じ種類のものを同じ量だけ返します。

このような約束で借りる契約を消費貸借契約といいます。

金銭の貸し借りは、上記に当てはめると典型的な消費貸借契約です。

これにより、金銭の貸し借りを金銭消費貸借契約というのです。

銀行から多額の借入をする際はもちろん、クレジットカードなどでキャッシングをする場合も同様に金銭消費貸借契約です。

印刷用画面

前のページ
銀行融資
カテゴリートップ
か行
次のページ
金融機関
メニュー
サイト内検索
Ranking