消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  金融サービス法

金融商品販売法ともいいます。

金融取引における投資家や利用者の保護を目的として制定されたものです。

利用者側の立場で、金融取引に適用される一般的なルールを定めています。

預金などの金融商品には商品のリスク内容などについての説明を義務づけています。

たとえば、元本割れの可能性があるとか、期限が設定されているなどです。

なお、適用される金融商品は、預貯金、信託、保険、有価証券です。

印刷用画面

前のページ
金融機関
カテゴリートップ
か行
次のページ
金融庁
メニュー
サイト内検索
Ranking