消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  グレーゾーン

民法上の上限金利は、利率制限法により定められています。

元本10万円未満は年20%以下
元本10万円以上100万円未満は年18%以下
元本100万円以上は年15%以下

しかし、刑法上の上限金利は、改正出資法で年29.2%以下に定められています。

キャッシングの金利は、利率制限法を超えていますが、出資法以内です。
延滞金も利率制限法を超えていますが、出資法以内の金利です。
民法には違反していませんが、刑法には違反しているのです。

この利息制限法と出資法の範囲をグレーゾーン(灰色地帯)と呼んでいます。

グレーゾーンを噛み砕いて表現すると、顧客の了承があればもらっても良い金利となります。
顧客が了承すれば、民法の範囲で収まるのです。

なお、返済が困難になり特定調停をした場合は、金利をすべて利息制限法で引き直します。
払いすぎた金利は元金に充当されます。
場合によっては過払い利息分で元金がゼロになり、さらに利息が戻ってくる場合もあります。

民法の特別法である利率制限法では、金銭消費貸借の上限金利を年15%(元本 100万円以上の場合)〜年20%(同10万円未満の場合)と定めている。一方、出資法では、上限金利を年40.004%と定めている。この結果、年20%超〜年40.004%以下の範囲(ゾーン)の金利を、刑法の出資法には違反していないが、民法の利率制限法には違反しているという意味でグレーゾーン(灰色地帯)と呼ぶことがある。

印刷用画面

前のページ
クレジットライン
カテゴリートップ
か行
次のページ
契約
メニュー
サイト内検索
Ranking