消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  契約の解除

法的には契約が成立したあとで、契約当事者の一方的な意思表示によって契約をさかのぼって消滅させることをいいます。

つまり、初めから契約が存在していなかった状態となるのです。

白紙の状態になりますので、賃貸借契約を終了させるような解約とは異なります。

契約の解除には二通りあります。

・合意解除
当事者間の合意に基づく契約の解除です。

・契約の解除権の行使
一方の当事者の債務不履行などがあった場合に、もう一方の当事者は法定解除権に基づいて、一方的に契約を解除することができます。


また、契約の解除の種類は二通りあります。

・約定解除権:契約上発生する解除権
・決定解除権:相手方の債務不履行などにより発生する解除権

印刷用画面

前のページ
契約手数料
カテゴリートップ
か行
次のページ
検索の抗弁
メニュー
サイト内検索
Ranking