消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  個人ローン

個人を対象としたローンの総称です。

消費者金融、クレジットカード系では、キャッシング

銀行系では、住宅ローン、教育ローンなどの各種ローン、カードローンなどです。


個人信用情報センター

個人の情報やローン、キャッシングクレジットなどの契約内容に関する情報を登録する機関です。

銀行などの金融機関、消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社などが個人信用情報センターの会員となって、その情報を照会することで顧客への過剰融資の防止を図ろうとするものです。

顧客から融資などの申込みがあった場合、消費者金融などは個人信用情報センターに申込者の与信情報を取得します。
その情報によって、申込者に適正な融資をするのです。

個人信用情報センターを利用することによって、顧客は適正な融資が受けられ、金融会社は貸し倒れなどのリスクを軽減することができます。

なお、情報を登録された個人は、自身の内容について開示を受ける権利があります。
もしその内容が間違っている場合には、訂正または削除を請求する権利があります。


おもな個人信用情報センターは下記のとおりです。

・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
全国銀行協会加盟の金融機関(銀行、信用金庫、信用組合など)

・全国信用情報センター連合会(全情連)
消費者金融会社

・(株)シー・アイ・シー(CIC)
主に信販会社

・(株)シーシービー(CCB)
外資系の消費者金融会社や外資系信販会社などが多いが、現在は業態に関係なく加盟できるので、会員数は増加しています。

・テラネット
全国信用情報センター連合会(全情連)が設立した個人信用情報センターで、消費者金融業界以外の業態を会員対象としています。
銀行や信販会社なども加盟することによって、各業態の情報を活用しようとするものです。

印刷用画面

前のページ
個人信用情報
カテゴリートップ
か行
次のページ
個人破産
メニュー
サイト内検索
Ranking