消費者金融用語集

ホーム  >  か行  >  個品割賦購入あっせん契約

顧客が信販会社加盟店から商品を購入した場合に、個々の商品ごとに割賦購入あっせん契約を締結する契約です。

これを立替払い契約やショッピングクレジットと呼ぶこともあります。

これに対して、クレジットカードを信販会社が発行する場合は、原則として加盟店の商品は何でも購入できるため、個品割賦購入あっせん契約ではありません。

この場合のクレジットカードによる購入を、総合割賦購入あっせん契約いいます。

印刷用画面

前のページ
個人破産
カテゴリートップ
か行
次のページ
公正証書
メニュー
サイト内検索
Ranking