消費者金融用語集

ホーム  >  さ行  >  サービサー

債権回収を専門に行う会社です。

1999年にサービサー法が施行されてからつくられた債権回収の専門会社で、法務大臣の許可が必要です。

スペシャルサービサーともいわれます。

債務回収の方法ですが、消費者金融系のサービサーは消費者金融から債権を買い取ります。
そして、サービサーの名義で債務者に請求します。

銀行系、クレジットカード系は、受託回収が多いです。
サービサーが債務回収の代行をするかたちです。


なお、資産状況や債務内容によって条件は違いますが、債務の一部免除があります。

担保など有効な資産がない場合は、債務の10%程度を返済すれば残りの債務は免除してくれる場合もあります。


債権回収

キャッシングや融資などで貸し出したお金を返済してもらうことです。

債権回収は通常の返済ではなく、返済が滞った債務者に対して債権者がとる行動、手段です。

債権回収の方法は、貸金業規制法を遵守する必要があります。


債権回収業務

債権回収とは通常の返済ではなく、返済が滞った債務者に対して債権者がとる行動、手段です。

中でも連絡も取れない債務者に対しては、金融業者は債権回収専門の部署を設けています。

キャッシング業界でいう債権回収業務の手順は、

1、自宅、携帯への電話
2、郵便による連絡
3、自宅の訪問
4、勤務先、実家などへの電話(本人への取次ぎのみ)
5、内容証明郵便の送付
6、消費者金融、クレジットカート会社によっては電報
7、支払い催促、支払い督促
8、差押え

このような手順、内容です。

差押える財産もなく、連絡も取れない債務者については、債権回収を断念する場合が多いです。

印刷用画面

カテゴリートップ
さ行
次のページ
催告の抗弁
メニュー
サイト内検索
Ranking