消費者金融用語集

ホーム  >  さ行  >  サラ金

サラリーマン金融の略称で、サラリーローンとも呼ばれます。

サラ金とは、消費者金融会社を指します。ノンバンクです。

主な顧客がサラリーマンのため、この名称で呼ばれるようになりました。
顧客は、簡単な審査で無担保で小口の資金をキャッシングできることが魅力です。

サラ金というと暴力的な取立て行為を連想する人が多いと思います。
確かに、貸金業規制法などの法律が整備されるまでの時代は、悪質な取立てが横行していました。

しかし、法律が整備され、まともな消費者金融業者は”サラ金=悪”というイメージを払拭するためにサラ金という表現をなくそうとしました。

そこで、消費者金融という表現ができたのです。

よって、今ではサラ金という表現は少しずつ使われなくなっています。

印刷用画面

前のページ
サブプライム市場
カテゴリートップ
さ行
次のページ
サラリーマン金融
メニュー
サイト内検索
Ranking