消費者金融用語集

ホーム  >  さ行  >  小規模個人再生

キャッシングやローンなどが原因で多重債務に陥った場合に、住宅ローンは通常どおり返済しながら、住宅ローン以外の債務を整理するものです。

債務者の所得の種類により、下記のふたつがあります。

・小規模個人再生
個人事業主、給与以外の所得がある人

・給与所得者等再生
給与所得者

小規模個人再生においては、

・弁済額が破産配当による弁済額を下回ってはなりません。
・3ヵ月に1回以上の分割払いで3年(特別の事情がある場合は5年)以内に、債務の5分の1または100万円のいずれか多い額(債務の5分の1が300万円を超えるときは300万円)を返済するという要件を満たす必要があります。

なお、住宅ローン以外の債務が3千万円を超えると適用できません。

自己破産をすると、住宅を処分しなければなりません。
個人再生は住宅を守りながら他の債務を整理できるため、安定した収入がある人は再生への道が開けます。



中小企業の再生を目的とした民事再生法を簡素化したものです。
平成13年に施行され、多重債務者の整理の選択肢が広がったといえます。

印刷用画面

前のページ
紹介屋
カテゴリートップ
さ行
次のページ
上限金利
メニュー
サイト内検索
Ranking