消費者金融用語集

ホーム  >  さ行  >  消費者金融

消費者の信用を担保に金銭を融資することを表します。
キャッシングやキャッシュローンとも呼ばれます。基本的には最初の限度額は50万円以内で、無担保、無保証人による貸付けです。
銀行と違って審査が早く、その場でキャッシングできる利点はありますが、金利が高いので返済には計画性が必要です。以前は、サラ金と呼ばれていました。
サラ金というと暴力的な取立て行為を連想する人が多いと思います。
確かに、貸金業規制法などの法律が整備されるまでの時代は、悪質な取立てが横行していました。しかし、法律が整備され、まともな消費者金融業者は”サラ金=悪”というイメージを払拭するためにサラ金という表現をなくそうとしました。
それからは消費者金融という表現を使うようになったのです。

印刷用画面

前のページ
商工ローン
カテゴリートップ
さ行
次のページ
消費者金融会社
メニュー
サイト内検索
Ranking