消費者金融用語集

ホーム  >  さ行  >  信販会社

商品を購入するときに、消費者が代金を後払いで支払うことができるように、信販会社が仲介をします。

割賦販売法による定義では、総合割賦購入あっせん業者のことをいいます。
総合割賦購入あっせん業者とは、加盟店から分割払いで購入できるようなクレジットカードを発行する業者のことです。


消費者は商品の購入を信販会社と契約します。
代金は分割で信販会社に支払います。

販売店は加盟している信販会社から代金を一括で受取ります。
その時に、信販会社への手数料は差し引かれます。

このように信販会社が仲介することによって、消費者は分割で商品を購入でき、販売店は代金を一括で受取れ、信販会社は分割払い手数料が入ってくるのです。

このようにそれぞれにメリットのあるシステムですので、消費者のサービスとしては欠くことのできない存在です。

印刷用画面

前のページ
審査
カテゴリートップ
さ行
次のページ
信販系クレジットカード
メニュー
サイト内検索
Ranking