消費者金融用語集

ホーム  >  は行  >  破産の同時廃止

個人破産には財産の状況により二通りの方法があります。

・同時廃止(破産の同時廃止)
不動産などの資産がない場合で、破産管財人がつきません。
財産の処分をすることがありませんので、債権者への配当はなく、破産宣告と同時に破産手続きを終わらせることです。
破産管財人による調査がないため、破産宣告までの期間が短く、費用も自分で申立てをすれば2万円程度です。

・異時廃止
不動産などの資産がある場合で、裁判所から破産管財人という人が申立者の資産内容を調査します。
調査に時間がかかる場合は破産宣告には時間がかかり、費用も最低60万円程度は必要です。
なお、申立人の状況により費用を軽減する制度もあります。

印刷用画面

前のページ
破産宣告
カテゴリートップ
は行
次のページ
破産・免責
メニュー
サイト内検索
Ranking