消費者金融用語集

ホーム  >  は行  >  破産・免責

個人や会社が借金の返済が不能になった場合に、債務者本人か債権者が裁判所に破産宣告の申立てをします。

破産とは破産の申立てを裁判所が受理し、破産宣告を行った状態を指します。

免責とは破産宣告を受けた債務者に対して、すべての債務(借金)の支払いを裁判所が免除することを指します。

破産宣告によって、債務者の財産を処分した配当金を債権者に支払います。(破産配当)
そして残った債務については、免責が下りると支払わなくても良いのです。

つまり、破産・免責が下りて、晴れて債務がすべてなくなるのです。

印刷用画面

前のページ
破産の同時廃止
カテゴリートップ
は行
次のページ
破産申立て
メニュー
サイト内検索
Ranking