消費者金融用語集

ホーム  >  ま行  >  みなし弁済

利息制限法の特例(例外規定)で、法的に有効な利率の弁済とみなされることです。

金融業者と債務者が契約書に基づいて任意に支払った利息が、利率制限法の定める額を超える場合において、契約締結時に一定条件が満たされていることを前提として、この超過部分は有効な利息の債務の返済とみなすというものです。

つまり、下記の条件を満たした契約では、利息制限法を越える部分の利息も金融業者は法律上、徴収しても良いことになります。

・契約締結時に契約内容を明らかにする書面が交付されていること(貸金業規制法17条)
・支払い時に利息、元本への充当内訳等の記された受領書が交付されていること(同18条)

なお、みなし弁済が適用されれば、その利息の支払いは不当利得返還請求の対象とはならず、金融業者がそのまま受領してよいものとなります。

印刷用画面

前のページ
マンスリークリア
カテゴリートップ
ま行
次のページ
みなし利息
メニュー
サイト内検索
Ranking