消費者金融用語集

ホーム  >  ま行  >  みなし利率

利率以外の名目で徴収する諸経費や手数料のことです。

利息制限法では、
金銭を目的とする消費貸借に関して、債権者が受け取る元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他いかなる名目でも利率とみなす。ただし、契約の締結および弁済の費用はこの限りでないと定めています。

つまり、手数料や調査料などの諸経費も、利率になるということです。
貸し手側は、徴収する利率から諸経費を出さなければいけないということです。

ただし、抵当権の設定登記、抹消に要する手数料、公正証書の作成手数料などは、法令で定められている手数料であるため、みなし利率には入りません。

印刷用画面

前のページ
みなし利息
カテゴリートップ
ま行
次のページ
ミニマムペイメント
メニュー
サイト内検索
Ranking