消費者金融用語集

ホーム  >  ま行  >  免責不許可事由

自己破産の際には、免責の申立ても同時に行います。
その申立てについて、裁判所が免責の許可をしない主な事由は以下のとおりです。

・財産を隠した場合
・申立ての内容に虚偽があった場合
・ギャンブルでつくった借金の場合
・返済が不能なことをわかっていて借金した場合
・過去に免責を受けてから10年未満の場合

印刷用画面

前のページ
免責
カテゴリートップ
ま行
次のページ
申込情報
メニュー
サイト内検索
Ranking