消費者金融用語集

ホーム  >  ら・わ行  >  連帯債務

金銭の借入などのときに、二人以上の債務者がそれぞれ独自に返済の債務を負うことです。
そのうちの一人が弁済すれば、もう一人の債務者の債務は消滅します。

たとえば、金融業者から連帯債務で100万円を借入したとします。
この場合は両者とも、100万円を返済する債務を負います。
債務者の一人が全額を返済したとすると、もう一人の債務者の債務は消滅します。

連帯債務は各債務者の債務が独立して存在します。
よって金融会社にとっては、連帯保証人より強力な担保ということになります。

つまり、連帯保証については、債務者が主とすれば、連帯保証人は従という関係です。
連帯債務はそれぞれの債務者が主ということです。

印刷用画面

前のページ
両端入れ
カテゴリートップ
ら・わ行
次のページ
連帯保証
メニュー
サイト内検索
Ranking